2010年2月試験までの合格率掲載!

簿記の勉強は独学か?それとも教育機関を使うか?

簿記の勉強法は、いろいろ考えられますが、大きく分けて2つです。独学か、教育機関を使うか。合格までの目標期間や予算によって、どうすればよいか悩むポイントでもあります。

わたしは、3級も2級も通信講座で勉強しました。最近、手頃でDVDがわかりやすいと評判のフォーサイトの簿記講座です。2級から勉強を始めても大丈夫との説明でしたが、合格だけではなく、初歩からきちんとやり直したい気持ちがあり、3級から始めることにしたのです。

でも、3級は案外早く理解でき(一応経理部なので・・・)、そのまま2級の勉強を進めました。フォーサイトの講座は単体でも申し込めますが、わたしは3級と2級のセットを購入していたので、すでに教材は手元にありました。2級をはじめてみると、案外すいすい勉強が進みました。そのため、3級の受験をやめて、2級だけを受けることにしました。

2級の勉強を始めて思ったのは、「いきなり2級からでも確かにいけそう。」ということです。商業簿記の範囲が広いので、新たに覚えることはたくさん出てきますが、3級を覚えてから2級を覚えても、いきなり2級を覚えても、大して時間は変わらないかもしれません。

3級だけの受験を考えている人は、独学でもいけそうです。3級は独学、2級は学校、という人がけっこういます。でも、最初から2級を目指している人は、学校を利用(通学でも通信でもよい)したほうがよい気がします。理由としては、2級は工業簿記という馴染みのない科目が入ってくること、商業簿記の範囲が3級の3倍くらいになって複雑なこと、この2つです。

それに加え、わたしの私見ではありますが、市販の教材はよくない気がします。「短期合格」とか、「らくらく攻略」とか、見た目には引き込まれますが、内容を見てみると、その分ヤマを張っているだけのようです。ポイントはつかめると思いますが、全体像が見えにくい気がしました。体験をもとに語らせてもらえば、そんなに短期で簡単に受かる試験ではありません。

わたしが、フォーサイトの3級と2級のセットで買ったのは、最終的に2級を取る気持ちがあったため、セットのほうがうまく流れで勉強できると考えたからです。4万円ほどしましたが、それでいい教材が手に入るならという気持ちでした。実際、簿記を体系的に学べましたよ。

独学で2級に受かった人もいますが、わからないことが出てきたときにモチベーションが下がってしまい、合格まで時間がかかったそうです。3級くらいのレベルならまあまあわかるので、知的好奇心で先に進めていきたくなるのですが、2級はちんぷんかんぷんで飽きてしまうのだそうです。わたしは、そんなことはなかったので、やっぱり独学と講座受講の違いだと思います。

簿記2級と3級の合格率データ