2010年2月試験までの合格率掲載!

簿記2級と3級の合格率データ

さっそく、簿記の合格率データについてご紹介していきますね。多くの人が受験する日商簿記は4級から1級までありますが、一般には入門編の3級と実践編の2級が受けられています。

2級の合格率
実受験者数 合格者数 合格率
124(H22.2.28) 66,330名 8,244名 12.4%
123(H21.11.15) 74,371名 28,585名 38.4%
122(H21.6.14) 57,616名 14,700名 25.5%
121(H21.2.22) 60,475名 26,053名 43.1%
120(H20.11.16) 61,662名 18,252名 29.6%
119(H20.6.8) 50,573名 15,830名 31.3%
118(H20.2.24) 57,812名 16,973名 29.4%
117(H19.11.18) 60,877名 12,608名 20.7%
116(H19.6.10) 44,242名 12,911名 29.2%
115(H19.2.25) 52,104名 22,168名 42.5%

簿記の試験は、年に3回実施されています。わたしも受験した2級は、だいたい30%~40%程度の合格率ですが、回によってはかなり低い結果になっているときもあります。
でも、法律系の国家資格などと比較すれば、どの回の数字も高いほうで、あまり難しく考える必要はないと思います。前のページでも書きましたが、ちゃんと勉強して受験すれば、本試験問題は難しくありません。
むしろ、簿記の合格率は高いと思っているべきです。深刻に考えなくて大丈夫です。

 
3級の合格率
実受験者数 合格者数 合格率
124(H22.2.28) 95,092名 17,906名 18.8%
123(H21.11.15) 108,429名 53,728名 49.6%
122(H21.6.14) 107,000名 44,087名 41.2%
121(H21.2.22) 93,453名 52,779名 56.5%
120(H20.11.16) 103,333名 41,509名 40.2%
119(H20.6.8) 91,522名 26,985名 29.5%
118(H20.2.24) 83,112名 31,749名 38.2%
117(H19.11.18) 95,895名 29,934名 31.2%
116(H19.6.10) 85,872名 36,501名 42.5%
115(H19.2.25) 74,059名 26,083名 35.2%

3級は、どの回も2級よりも高い合格率となっています。30%~50%くらいです。2級に比べてばらつきがあるような気がしますが、さらに高い合格率であるのがわかると思います。
2級よりも難易度が低い分取りやすいわけですから、あまり心配は要りません。実受験者数が、2級の5割増という感じですね。おそらく、商業高校の生徒など、必修科目として受験している人がいるのだと思います。
3級は、2級の準備段階という感じで、最終的には2級を目指すと大変仕事に役立ちます。わたしは3級を飛ばしましたが、受験される方も、サクッと受かってしまいましょうね!

簿記2級と3級の合格率データ